金子敏春プロフィール

teacher03.png
teacher02.jpg

世界最優秀フロマジェ大会で副校長村瀬美幸が優勝した時の
金子のチーズスタイリング設計図

chairman.webp
teacher05_edited.png

THE CHEESE ROOM 校長

一社)日本チーズアートフロマジェ協会 理事長

「チーズアート」の第一人者。
医院の設計&デザイン、博物館の展示やプロダクト商品、鞄・ハンドバックまでをデザインする建築家でもある。

デザイナーの立場から、世界で初めてチーズ業界において「アートの力でチーズの魅力を伝える技法(チーズアート)」を取り入れた。2013年世界最優秀フロマジェコンクールでは、自身が確立した立体構成をはじめとするチーズアートの理論で、日本代表の村瀬美幸を世界一に導いた。「チーズアートで笑顔にする」を理念に日本チーズアートフロマジェ協会を創設し、次世代の国際舞台で活躍できるフロマジェ育成に尽力し、日本最優秀フロマジェ選手権大会を主催する。考案した様々なアーティスティックデザインはイギリスのチーズ専門雑誌「GOOD CHEESE」やフランスのチーズメディアにも取り上げられ、アートの力でチーズを魅了する世界を発信している人物として広く紹介されている。フランスMOFフロマジェとの親交も深く、「チーズアート」の第一人者として一目置かれる存在である。
フランス大使館でのレセプションパーティー、美術館、ホテル&レストランなどで、日本や世界各国のチーズを使ったチーズビュッフェ出張サービスも人気が高い。
鞄職人の三代目として生まれ、デザインしたバックは、日本橋三越本店「ジャパン・レザー・エディション」で紹介されたこともある。

 

スイスチーズアワードSuper Jury(特別審査員)

サント・モール・ド・トゥレーヌ騎士団シュヴァリエ叙任

フランス ヴーヴレワイン騎士団シュヴァリエ叙任、日本親善大使

●国内活動

日本のチーズ文化育成のため、国内初となる「フロマジェ」という職域を普及している。チーズサービスのための専門知識と技術を持つフロマジェ育成のため、日本チーズアートフロマジェ協会を立ち上げ、これまで3,000人にチーズの取扱技能の育成を行っている。

 

世界最優秀フロマジェコンクール主催者であるロドルフ・ル・ムニエ氏協力のもと、2017年、日本最優秀フロマジェ選手権大会(フロマジェジャパン)を開催した。日本独自のチーズサービスのできるフロマジェを世界に輩出する場を創出する。

 

日本最優秀フロマジェコンクール

  • 2017年 第1回日本最優秀フロマジェコンクール開催(ファイナリスト10名)

  • 2019年 第2回日本最優秀フロマジェコンクール開催(ファイナリスト10名)

  同時開催の日本アルティザンチーズ展にて、日本のチーズ工房50箇所を紹介

●コーチ実績

2013年より本格的なフロマジェ向けのトレーニングを実施している。世界最優秀フロマジェコンクールで、2013年にアジア人初の優勝者(村瀬美幸)を輩出している。その後、2017年から2019年まで4名のフロマジェを世界大会に送り出している。

 

世界最優秀フロマジェコンクール結果

  • 2013年 優勝:村瀬美幸

  • 2017年 ファイナリスト:高橋洋 笹井純子

  • 2019年 3位:鈴木裕子、ファイナリスト:葛石朋子 キム・ウンジュ(韓国)

●審査員実績

スイスチーズ品評コンクール(Swiss Cheese Award )2017、2018:審査員&最高審査員

世界最優秀フロマジェコンクール 2015、2017、2019:運営チーム

●受賞歴

  • サントモールドトゥレーヌ騎士団シュバリエ2017叙勲

  • フランスチーズ国際見本市にて、161.77mの巨大プラトーの制作を監督。ギネスブック2019に認定。

teacher04.png

●評価実績

2017年、フランスのチーズ専門メディア「So Cheese」と、フランスのコンテ協会のホームページにて紹介される。「日本人デザイナーがつくりだした、幻想的なチーズの表現」と評される。

kaneko_ph04.jpg

2017年、フランスで行われた世界最優秀フロマジェコンクールの舞台にて、サントモールドトゥレーヌ騎士団シュバリエに叙任される。「FRANCE SO CHEESE」にて金子敏春のチーズアート特集が組まれる。

zyusyou.jpg

2018年、イギリスのチーズ専門誌「GOOD CHEESE」にて、金子敏春のチーズアート特集が組まれる。

GOODCHEESE.jpg